XERO FICTION

元々HARDCORE PUNKシーンを中心に活動していたハルカ(Vo,key)とコウイチロウ(Gu)が周りのバンドやシーンへのカウンターとしてPOPを鳴らすことを選択したことがXERO

FICTIONの始まり。

 

そこにみそっかすを脱退したばかりのドランキー(Dr)、当時大学生だったキョウヘイ(Ba)、さらに旧知の友人であったフートン(Gu)が加わり現在の5人編成となったことでバンドの活動も活発になる。

 

2014年2月に7inchレコード「MONOTONY OF LIFE / FIRST TRIP」

、2014年10月に10inchレコード「This time around」、2015年4月に7inchレコード「RAY OF THE

LIGHT /I JUST CAN’T STAND

CARS」をリリースし、どのタイトルも即完売、市場では高値で取引されている程プレミアの付いたアイテムとなり、2015年12月には今までリリースしたレコード音源をまとめた初の全国流通版1stフルアルバム「The

Very Best of XERO FICTION」をリリース。その後、PIZZA OF DEATH 傘下の Jun Gray

Recordsの主催である Ken Bandのベース Jun Grayが自ら動き声をかけて完成したオムニバス「And Your Birds

Can Sing II」に参加したことをきっかけにJun Gray氏との交流が始まり2017年3月22日に2ndフルアルバム「I Feel

Satisfaction」をJun Gray Recordsよりリリース。さらに2017年7月には「The Very Best of

XERO FICTION」「I Feel

Satisfaction」の2タイトルのアナログ盤を自主レーベルより発売するなど積極的なリリースを重ねてきた。

2018年3月21日に4th 7inch SEVENTEEN / Silent Story をリリース。

NASTY YOUTUBEチャンネル

FOLLOW US

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン

SYONBEN FES.

Donut Records

しょんべんフェス©